代表メッセージ

株式会社ふたばケアメディカル 代表取締役 石井徳雄

初めまして。株式会社ふたばケアメディカル 代表の石井徳雄と申します。

この度、2021年4月1日付で墨田区東向島(東武スカイツリーライン東向島駅前)に「FCM訪問看護ステーションすみだ」を開設させていただく事になりました。
皆様へご挨拶をさせていただきます。

ステーション名の「FCM」とは、社名の【Futaba Care Medical】
そして、未来は私たちが作って行くという意味を込めて、【Future Can Make】の頭文字を取って「FCM」とし、意味を持たせています。

私は福島県双葉郡の出身です。

高校卒業後、福祉の専門学校で児童福祉を学び、千葉県医療技術大学校で看護を学び看護師免許を取得しました。

2011年、荒川区の総合病院で働いていた時に、東日本大震災、原発の爆発事故が発生しました。何とか故郷の力になりたいと、その10日後に福島入りし、いわき市などで物資を配りながら、双葉郡大熊町の皆様が避難していた田村市総合体育館の医務室でボランティア活動を行いました。

冷え切った体育館の床に段ボールを敷いて体調を崩される人、必要な医療を受ける事が出来ない人。様々なケースを目にしました。その時に地域医療連携や訪問看護が必要だという事を感じ、起業するに至りました。

起業後、弊社は墨田区内にて、2015年4月から地域密着型通所介護「デイサービスよのもり」を運営してまいりました。墨田区内の高齢者の皆様と関わり、地域の実情などを肌で感じながら、訪問看護ステーションの必要性を改めて痛感いたしました。

地域の方々や様々な方にご協力などいただきながら、今回の訪問看護ステーション開設の運びとなりました。
まずは、墨田地域の力になり、お役に立つよう精進していく次第でございます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年 吉日

株式会社ふたばケアメディカル
デイサービスよのもり
FCM訪問看護ステーションすみだ
代表取締役 看護師 石井徳雄

インタビュー冊子をお読みいただけます


私のこれまでの経歴、訪問看護ステーション開業を目指したきっかけなどをお話させていただきました。

こちらよりお読みいただけます。